知ってFXで大儲け?『資本』のこと

 

株投資をするなら知っておこう
「自己資本」と「自己資本比率」

ニュースや新聞でもたびたび耳にする「自己資本」や「自己資本比率」という言葉。
株選びをする際の大きなポイントのひとつなので、ここでシッカリ押さえておきましょう。

まず「自己資本」とは何か……
自己資本は、企業の純資産と思っていただけばOK。決算書の「貸借対照表(バランスシート)」にある純資産の総額と同じ意味で使われるのが基本です。

次に「自己資本比率」とは何か……
これは、総資本(総資産)に占める自己資本の割合を示したもので、自己資本比率の計算式は「自己資本÷総資産×100」です。

では、自己資本比率を見ると何が分かるのか…
それは企業の安全・安定性です。

自己資本比率が低いということは「負債」が多め。
自己資本比率が高いということは「負債」が少なめだということ。

言うまでもなく「負債(他人資本)」には返済義務があり、「自己資本(総資本から他人資本を差し引いたもの)」には返済義務がありませんから、負債と自己資本のバランスを見れば、企業が抱えている負担の大きさが把握できるというわけです!

負債が多めの企業の場合、利子や返済の出費がついて回り、資金繰りの難航/利益が返済に流れてしまう恐れがあるため経営内容は“黄色信号”を疑うべきでしょう。反対に、自己資本比率が高ければ、返済の必要がない資金源が豊富にあるということですから、経営の健全性が高いと判断できるのです。

ぜひ一度、興味のある企業・保有している企業の自己資本比率を確認してみてください。

さて、もしかすると皆さんの中には「株主資本に対してだって配当という利子みたいな支払いが存在するんだから…自己資本が大きい場合もまた出費が大きくなるんじゃない?」と思われた方があるかもしれません。でも、借入金に対する利子と、株主への配当は全く違うもの。配当に関しては、業績が悪ければ「減らそう/無配にしよう」と、時々の状況にあわせて企業側の判断で調整が可能です。けれども借入に対する返済義務・金利の支払い義務は、企業側の都合で自由に変更できるものではありませんよね。

だからこそ、自己資本が大きければ、それだけ運用資金に弾力性があり、企業の経営の安定感が高いと言えるわけ! ゆえに株投資をする際の企業選びの判断基準との1つとして“自己資本比率”に注目する投資家が多いのです。

ちなみに自己資本比率は何%あると良いのか…
これは業種や資本金の大きさなどが影響してくるため一概には言えません(製造業は高く、卸売業では低くなりやすい)。ただし平均は20~30%ほどとされており、40%を超えてくると高いとみるのが一般的です。

2016 All rights reserved at kapatiran.jp