知ってFXで大儲け?『資本』のこと

 

資産と負債から求められる
純資産(純資本)とは

会社における「資産」とはどのようなものがあるのでしょうか。大きく分けて「流動資産」「固定資産」「繰越資産」に分類できます。
流動資産は現金や預金、売掛金などが該当します。その名の通り、すぐに現金化できるものが流動資産と言うことです。有価証券や貸付金のも現金化できるのものに関しては流動資産です。
固定資産は流動資産とは逆に長期的に保有される資産のことです。土地や建物、機械や備品などが固定資産に分類できます。価値が減少していくものに関しては減価償却が必要です。
繰延資産はやや難しいのですが、本来は費用扱いなものを一時的に資産として分類されたものです。創立費・開業費・開発費・株式交付費・社債発行費の5つに限定されています。
流動資産・固定資産・繰越資産をあわせたものがいわゆる「総資産」ということになります。その会社がどれだけたくさんの資産を持っているのかが一目でわかります。

資産と対極にあるのが「負債」です。負債は大きく分けて「流動負債」と「固定負債」に分類できます。
流動負債は流動資産とは逆に1年以内に支払いを行う必要があるもので、買掛金や支払金などが該当します。固定負債は社債や長期借入金などの1年後以上に支払いが必要な負債のことです。
どんなにたくさんの資産を持っているかだけではなく、どれだけの負債を持っているかということに関してもチェックすることが大事になります。

総資産と負債の差額を「純資産」と呼びます。少し前までは「資本」と呼ばれていましたので注意が必要です。
総資産は「株主資本」「評価・換算差額等」「新株予約権」「非支配株主持分」に分類することができます。
株主資本は資本金、資本剰余金、利益剰余金、自己株式などで構成されます。その名の通り出資金とそれから生まれた利益のことで株主のものだと考えられています。
評価・換算差額等は「その他有価証券評価差額金」「繰延ヘッジ損益」などの、まだ利益とも損失とも確定できないものを一時的に分類したものです。
新株予約権はかつては負債扱いでしたが、現在では純資産となります。子会社の資本の中でも親会社のものでない非支配株主持分も純資産ということになっています。

純資産は必ずしもプラスになるというわけではなく、マイナスになってしまう場合もあります。これが「債務超過」という状態です。
当然ながら総資産よりも負債の方が大きいというのは危険な状態で、債務超過の企業にはお金を貸してくれなくなることが一般的です。

2016 All rights reserved at kapatiran.jp