知ってFXで大儲け?『資本』のこと

 

資本準備金の役割について

会社を設立するには多額のお金が必要で、自分で用意したり他の人に出資してもらうことになります。
もちろん設立時に限らず会社経営を続けていれば、追加でお金が必要になる場合も多いです。その場合にも融資という選択肢もありますが、さらに株式を発行するという手段も考えられます。
設立時でもそれ以外でも株式を発行して株主になってもらうことで、会社にはお金が入ってきますね。このお金のことを資本金と呼びます。

全額が資本金になるのかというとそうではなく、会社法によると二分の一までは資本準備金にしてもいいと書かれています。
仮に資本金として1,000万円が出資されたのであれば、500万円を資本金とし、残りの500万円を資本準備金にすることが可能ということです。
少し補足すると資本金にしなかった金額はすべて資本準備金にする必要があります。逆に言えば出資額の二分の一以上は資本金にする必要があるということです。

資本準備金は利益準備金とともに「法定準備金」と呼ばれ、積み立てておくことが義務づけられています。法定準備金が資本金の四分の一になるまでは、配当の十分の一を積み立てる必要があります。
なぜこのような仕組みがあるのでしょうか。株主に配当を行うのは自由なように思えるかもしれませんが、これは債権者を保護するための仕組みなのです。
会社の利益の一部を配当として受け取るのは株主の権利ではありますが、株主に利益のすべてを持っていかれては会社の財政が不安定になる可能性があります。
債権者は株主に債権を請求することはできませんので、利益の一部は法定準備金としておき、債権者への支払いの原資としておくことが商法で求められているわけです。
もちろん無制限に法定準備金として積み重ねられては、逆に株主の利益を損ねることになりますので、資本金の四分の一までと定められています。

資本準備金は積み立てたあとは取り崩すことができないのかというと、そんなことはありません。
使い道は資本準備金を欠損金の補填と資本金・資本剰余金への組み込みにのみですが、資本準備金を使うことも可能です。
ただし欠損補填を行うためには株主総会の決議が必要ですし、減資という事になりますので安易に多用することはできません。
資本金・資本準備金・資本剰余金もそれぞれ株主総会の決議があれば振替することができます。資本剰余金に振替すれば配当に使うこともできるようになります。

2016 All rights reserved at kapatiran.jp