知ってFXで大儲け?『資本』のこと

 

「株主資本主義」について

今回は「株主資本主義」を取り上げてみたいと思います。

さてこの「株主資本主義」とは“株主の利益を最優先にすべきだ”という考えのこと。
アメリカ生まれのこの思想は、多くの外国人投資家の日本市場流入などを背景にこのところ日本でも広まりを見せており、海外企業に比べて「ROE:株主資本利益率」が低めな日本企業に対してROE向上を求める海外投資家の声もまた日に日に強まってきています(ROEが高い=株主への責任を果たす良い企業という考えに基づく)。

それに伴い日本で今湧き上がっているのが「株主資本主義」の浸透を“危険視”する声。

企業は株主のものだという理念に立ち、企業は“稼いだならシッカリ株主に還元する義務を果たさなければならない”とする「株主資本主義」の考えは、一見なんも問題もないようですが、そこにはあるデメリットを指摘する声があるのです。

そのデメリットとは「株主資本主義」が企業を滅ぼす危険!

なんだか物騒な感じですが…「株主資本主義」が行き過ぎてしまうと、目先の利益を求める株主たちによって企業資産が食い尽されてしまうリスクがあるというのです。

「株主資本主義」を主張する株主、いわゆる“物言う株主たち”は、企業にもっともっと「配当」と「ROE(株主資本利益率)」をあげて株主に還元しろと迫ってきます。
どんどん膨らむ株主たちの要望に答えていけば、企業はどうなってしまうのか……。
自社で資金を蓄えることができなくなり、自己投資(資本投下)の機会が削がれて成長の可能性を失い、気づいた時には株主に利益を吸い尽されてしまっている恐れがあるというわけ!

もちろん「株主資本主義」も悪いことばかりではありません。
株主が企業に対して“目を光らせる・意見を言う”ことにより、企業経営の効率化が促されるなどメリットも指摘できます。

ただし「配当」や「ROE(株主資本利益率:株主資本からいかに利益を生み出したかを示すものであり、当期純利益÷自己資本または1株当たりの利益÷1株当たりの株主資本で算出される)」の引き上げを要求してくる株主たちの要望に応えることばかりに必死になった結果、財務状況がおかしなことになっている企業があるのも事実。
より早い・より高い利益還元を求める株主たちからのプレッシャーに押されるあまり、ROEを“高くする”のではなく“高くみせかけること”に力をいれる企業まで現れているのです。

ROEを“高くみせかける”とどういうことか…
実はROE(当期純利益÷自己資本)は、なにも利益を増やさなくても改善させることができるのです。

そのマジックは、自己資本の割合を減らすこと。

自社株買いなどを行いROEの分母となる自己資本の比率を下げれば“アラ不思議”、業績を全く変えることなく“アッという間にROEを改善”できてしまうのです。これはある意味賢い戦略。しかし、この方法を元々の資本が小さな企業がやれば財務状況を狂う危険が高いと言わざるを得ません。

また、ROE重視の流れは企業の将来性にも暗雲をもたらすリスクが…。
費用対効果が高い事業に専念するほど高くなるROE。この値を上げれば、自ずとと企業の無駄をなくし経営の効率化が目指せるでしょう。ですが、その一方でこの風潮は企業の積極的な自己投資(設備投資や新たな研究開発、人材育成費用など)を委縮させかねません。そうなってしまえば、企業の将来性に大きなダメージとなることは一目瞭然。

このように、高ROE・高リターンを企業に求める「株主資本主義」にはメリットとデメリットあるのです。

株取引では「大きな利益が得られてこそ!」。
ですが、株主が目先の利益拡大を企業に強く求めすぎると、企業の持続的成長や将来の発展を潰す危険もあるということ……、ぜひ株投資をする際には、こんなことも頭の片隅に入れておいてください。

2016 All rights reserved at kapatiran.jp