知ってFXで大儲け?『資本』のこと

 

修繕費と資本的支出の違いとは

建物や機械などは長年利用しますので、どこかでリフォームや修理が必要になってきます。
なんとなく「修繕費」として経費にできるようなイメージがあるかもしれませんが、必ずしもすべてが修繕費にできるとは限りません。
修繕費と似たようなものに「資本的支出」があります。今回は修繕費と資本的支出の違いについて考えてみたいと思います。

そもそも「修繕費」でも「資本的支出」でもどちらでもいいのでは、と思う人がいるかもしれません。
しかし実際には修繕費にできるのか、それとも資本的支出になってしまうのかで、まったく処理が異なります。
根本的な違いとして修繕費は「費用」で、資本的支出は「資産」に分類できます。修繕費であればすべてが費用となりますが、資本的支出であれば資産となり減価償却で耐用年数に応じて費用に計上されます。


それではこの二つをどうやって分類するかですが、「建物」を例にとって考えてみましょう
壁の塗り替えや雨漏りの修理、割れた窓ガラスの交換などは「修繕費」となる可能性が高いです。これはなんとなくイメージしやすいのではないでしょうか。
避難用の階段を取り付けたり、用途変更のための模様替えなどは「資本的支出」となります。壁の塗り替えでも、耐久性を増すための交換であれば修繕費になる場合が多いようですので注意が必要です。
考え方としては修繕費は文字通り修繕に限定されます。劣化や破損した箇所を元に戻すイメージですね。元に戻すだけではなく、さらに機能を強化する場合には資本的支出に分類されるといった感じでしょうか。

他にも金額や一定期間ごとに行われているかどうかでも修繕費なのか資本的支出なのかが決まってきます。20万円未満で3年以内を周期として行われているものであれば、全額が修繕費として認められます。
60万円未満で前期末取得価額の10%以下である場合にも修繕費として認められる傾向があります。ただし資本的支出なのか修繕費なのか断言できない場合に限ります。
また部分的に修繕費に認められる場合もあります。やはり資本的支出なのか修繕費なのか明かではない場合に限りますが、支出額の30%と前期末取得価額の10%以下のうち少ない額を修繕費にできます。残りはもちろん資本的支出に分類されます。

今回は建物について紹介してみましたが、機械やソフトウェアなどにも考え方は応用できます。修繕費と資本的支出、どちらに分類できるかは難しい場合もありますが参考になれば幸いです。

2016 All rights reserved at kapatiran.jp